肥満治療って安い?高い?期間はどれくらい必要?

薬を用いない治療なら1カ月1万円以下

長生きするための体型として、まず肥満体は良くないとされています。では痩せている人がいいかといえばあまり痩せすぎの人も良くないとさえています。ちょっぴり小太りぐらいがいいとされています。難しい基準ですが、その辺りをキープできれば長生きできるかもしれません。今肥満の状態にあるなら、肥満治療を受けて長生きできるよう努力しましょう。一般的な病院でも肥満外来で治療が受けられます。最初に血液検査などの検査があるため、5千円ぐらいかかります。その後栄養指導と運動指導が1ヶ月に1度ぐらいあります。こちらは1ヶ月数千円ほどです。保険適用が受けられるなら、実際にかかる費用の3割の負担で受けられます。薬などを服用すれば、薬の費用がその分増えますし、手術となると10万円を超える時もあります。美容外科などで受けると保険の適用はされません。

入院治療や通院による治療がある

単に肥満だけであれば病気ではありません。しかし、メタボリック症候群となると少し様子が変わります。病気ではないものの、病気の一歩手前の状態です。肥満外来を受けると、肥満の状態からの改善のための治療が受けられます。いくつかの治療方法がありますが、自分での生活改善が難しい人は入院治療が受けられます。病院内で食事や運動の管理をしながら様子を見ます。人にもよりますが、1ヶ月ぐらいの入院になるようです。通院治療では、自分で生活改善が必要です。3ヶ月から6ヶ月ぐらいを目安に改善が見られれば通院は必要なくなります。治療を続けたとしても改善が見られないときは、それ以降も通院が必要になります。通院治療は自分の努力で治療期間を短くできます。